【無印良品】2021年の福缶の中身は?

からすみ
こんにちは!からすみです
今年初めて、無印良品の福缶を購入しました!

毎年話題にはなっていたものの、
すぐに売り切れてしまうため なかなか手に入れる機会がありませんでしたが、
今回は運よく購入することができました!

中身はどんなものなのか、わくわくしながら開封したので内容についてレポしていきます!

無印良品の福缶とは?

無印良品が毎年お正月に販売している『福缶』
2012年に東北の震災復興を応援しようという想いから始まったものだそうです。

当初は東北4県の縁起物を缶詰にして販売されていましたが、
その後は他の地域に根付いた郷土玩具を広めていこうということで、
今では入っている縁起物の種類もかなり増えています。

いつもは店頭販売されていましたが、
今回はコロナのこともあり、事前にネットストアでの予約販売という販売方式になりました。

無印良品ネットストアにて福缶を予約、指定した店舗で受取りという形です。

先着順の為、購入できるかドキドキでしたが、なんとか予約できました。

 

からすみ
よく行く店舗が一瞬で在庫ゼロになってしまい焦りました…!

いざ、開封の儀!

 

福缶を開けるところ

蓋を開けるとプルタブが!
缶詰というだけあって、こうして開封するんですね!おもしろーい!

 

中身を出してみました!

福缶の中身の詳細

◆日本の縁起物
◆2021円分のMUJI GIFT CARD
◆縁起物ブックマーク
◆その他縁起物についての小冊子など

内容はこのようになっています。

ギフトカード以外は『何が入っているのかお楽しみ』となっております!

 

 

日本の縁起物

山口県美祢市 土鈴

こちらは、ランダムで入っている縁起物です。

入っていたのは『山口県 美祢市の長洲土鈴 金魚土鈴』でした!

金魚をモチーフとした土鈴で、金運と幸運を招く縁起物だそうです。

中に小さい玉が入っていて、振るとカランコロンと土鈴の音がします。

 

からすみ
早速大事に飾ってます!

縁起物ブックマーク

縁起物をモチーフにしたブックマーク

こちらの縁起物ブックマークも何が入っているかお楽しみ、のグッズです。

Able Art Company(障害のある人のアートをデザインを通して社会へ発信する組織)登録のアーティストが
日本の縁起物をモチーフにして描きおろしたイラストを元に作られたものです。
売り上げの一部は障害のある人の創作活動などに充てられるそうです。

入っていたのは『小判うし/京都』『八咫烏(やたがらす)張り子/奈良』でした。

どちらも可愛いデザインで欲しかったものなので嬉しい~!!

本を読むときのしおりが無くてちょっと困っていたので、とても助かります。

 

からすみ
バンバン使うぞ~!

 

 

MUJI GIFT CARD

MUJI GIFT CARD

全国の無印良品の店舗、もしくはネットストアで使える2021円分のギフトカードです。

福缶の購入金額が2021円なんですが、
同額のギフトカードが入っているということはもう 実質タダでは!?
それで可愛い縁起物まで入っているんだから、そりゃみんな買いますよね…!

ちなみに、こちらのギフトカードは有効期限が入金から3年となっており、
お金をチャージして繰り返し使うことも出来ます!

 

からすみ
Café&Meal MUJIでも使えるみたいですよ~!

まとめ

無印良品の福缶は、可愛い縁起物やギフトカードが入ったお得な商品でした!
縁起物は種類も豊富なので、毎年コレクションしたくなりますね。
今まで買わなかったことが悔やまれる…!!

今回は購入方法が例年と変わっていたので、来年の販売方法もしっかりチェックしてゲットできるようにしたいです!

お読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
無印良品 福缶の写真
最新情報をチェックしよう!