ペーパードライバー講習を受けた話 後編

 

こんにちは!からすみです

ペーパードライバー講習を受けた話の続き、後編です。

4時間のペーパードライバー講習を受けることにしたからすみ。

ペーパー歴5年の私は無事に運転できるようになったのか。

実際に受講した内容、その結果について漫画を交えて書いております。

関連記事

こんにちは!からすみです 車って乗れたら便利ですよね。ドライブ楽しいし。 私もそう思って、20代の頃に運転免許を取得しました。 取ったときは、車に毎日乗るぞ~~!ってわくわくしていました。 が、しかし、免許取得後なかなか[…]

まずは「車の動かし方」から学ぶ

f:id:karasumi-san:20201014130556p:plain

緊張しながら始まったペーパードライバー講習。

まず、教官の運転で、車や人があまりいない場所まで移動し、
そこからは実際に自分で運転をしました。

いきなり大きな道路を走り始めるわけではなく、
運転席の調整やミラーの位置確認、エンジンの掛け方など
基礎から順番に教わりました。

そして、ゆっくり車を動かしてみる ⇒ ハンドル操作をしてみる

慣れたら右折や左折の練習をする ⇒ 少し距離の長い直線道路を走ってみる

と、ステップアップしながら練習しました。

教官が「じゃぁ、本格的に走って練習するよー」と言い出すころには
『運転するの楽しいぞ・・・!?』と恐怖心が薄れてきました。

30分くらいの練習で、車の動かし方に慣れることが出来ました。

 

いざ、自分で運転してみる

f:id:karasumi-san:20201014132638p:plain

実際にどのルートを走るのかは、事前に教官が考えてきてくれたので
私は教官の指示に従って運転していました。

教官いわく、
「一通りをざっと教えるのにちょうどいいコース」とのことでした。

講習内容は漫画にも描きましたが、ざっと書くとこんな感じでした。

①大通りまで出て他の車と一緒に走ってみる

車の流れにスピードを合わせることや、
車間距離の取り方、車線変更のやり方などを重点的にやりました。

②山道を走ってアクセルやブレーキ、ハンドル操作を学ぶ

平坦な道と違い、上り坂・下り坂・急カーブを繰り返し走ることで
道に合わせて自然とアクセルとブレーキ、ハンドルの操作ができるように練習。

③空いている駐車場で駐車の練習

いろんな角度から駐車する練習。
とくにバックで駐車するのが苦手なので重点的に教えてもらいました。

④最寄り駅まで運転して帰る

帰るころにはかなり運転に慣れて、雑談しながら帰りました。

合間に休憩を取りつつ、4時間の講習を無事に終えることができました。
「それなりに運転できてたから大丈夫やと思うよ~」と教官。(軽い)

あとは自主練して慣れるか、どうしても難しかったら再受講すればいいとのこと。

「マジで?ホンマに!?ホンマに大丈夫やった??」と騒ぐ私を見て、教官は
「免許取れたんやから、練習すりゃできるようになるって」と爆笑してました。

 

実際に受けてみて感じたこと

私が実際に講習を受けてみた感じたことは、以下のようなことです。

自分の希望に沿った内容の講習を受けることが出来る
車の基礎知識からおさらいしてくれる
・補助ブレーキがあるので自主練するよりずっと安全
・教え慣れているので指示やアドバイスが的確
・運転操作のちょっとしたコツをその都度教えてくれる
・様々な受講者を見てきた経験からクセや注意すべきことを教えてくれる
・運転中のささいな疑問でも面倒臭がらずきちんと回答してくれる

講習前はとにかく車に乗るのが怖いと思っていました。

でも、勇気を出してペーパードライバー講習を受けてみた結果、
きちんとした知識をつけて、安全運転を心掛けていれば
車の運転はそんなに怖いものではないと思えるようになりました。

 

運転できるようになった?

講習後、教官から習ったことを忘れないように
夫や実家の家族に付き合ってもらいながら、何度か練習しました。

講習のときに教えてもらった、注意すること、運転のコツを
常に頭に置いて、いい緊張感をもって運転できるようになりました。

そして、練習のかいあって

沖縄でめっちゃドライブ満喫しました
(楽しかったーッ!!!)

結婚式にも無事に参列できましたし、すごくいい思い出が出来ました。

勇気を出して講習を受けて良かった・・・!

同じように、車を運転するのが怖い!とお悩みの方がいらっしゃったら
思い切ってペーパードライバー講習を受けてみるのもいいかもしれません。

長々と書きましたが、参考になればうれしいです!

お読みいただきありがとうございました!


スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!