珪藻土バスマット「soil」を3年使用して感じたメリットとデメリットについて

こんにちは!からすみです

吸水力と速乾性に優れ、お風呂上りに大活躍の『珪藻土バスマット』

使用されている方も多いと思います。

私の家では「soil」の珪藻土バスマットを使っています。

(詳細な購入時期が分からないのですが、3年以上は経っています。)

こんなやつ↓

思ったより長く使用できていて特に不満もなく愛用しています。

そんな珪藻土バスマットについて、
長年使ってみて感じたメリットとデメリットについて書こうと思います。

 

※2020/12/23 追記

珪藻土製品にアスベストが使われ自主回収されている珪藻土商品があるようですが、

soil株式会社が製造している珪藻土製品については全て日本製の為、
原料には、アスベスト(石綿)は一切含まれていないと公式サイトにて掲載されていました。

安心して使えますので、珪藻土バスマットのご購入をお考えなら
soilのバスマットをおすすめします!

公式サイトはこちら⇒(https://soil-isurugi.jp/

 

購入したきっかけ

f:id:karasumi-san:20201112140728p:plain

元々は布のバスマットを使っていたのですが、
ある日、多めの洗濯ものを回すと脱衣所が水浸しに!

そのせいで、バスマットの色が脱衣所の床に色移りしてしまいました。

あとで調べてわかったんですが、当時住んでいた賃貸マンション(新築)で
うちの部屋だけが、洗濯機の排水管の設置ミスがあったと判明したのです。

からすみ
なぜうちだけ・・・涙

 

その後、管理会社が修理してくれたので水漏れはなくなりましたが、
布製バスマットだと色移りすることがあるということを知り、
前から気になっていた珪藻土バスマットを購入してみることにしました。

珪藻土バスマットなら、

色移りもしないし、洗濯しなくていいし、楽になりそうだ!と思ったからです。

 

珪藻土バスマット「soil」

どんなもの?

f:id:karasumi-san:20201112141634j:plain
 

珪藻土グッズを沢山発売している「soil」のバスマットを購入しました。
(製造しているのは石川県の左官屋さんなので、品質が良くとても人気なのだそう)

 

からすみ
日本製なので安心ですね!

 

私が購入したのは「wave」というちょっと表面が波打ったようなデザインのもの。

表面がなみなみになっているので、足を乗せても触れる面が少なく、
よりサラッとした使い心地が特徴。

また、この「wave」は素材の珪藻土にパルプ(紙)を混ぜてあるので
ほかの珪藻土マットより 軽く、丈夫で扱いやすいのです!
(重さは約1kg、大きさは500mm×280mmとちょうどいいサイズ)

 

f:id:karasumi-san:20201112144214j:plain

色は少し灰色がかった白で、どのおうちでも馴染みやすいデザインだと思います。

からすみ
控え目なロゴがおしゃれ~!

 

f:id:karasumi-san:20201112144422j:plain
ちなみに裏面はこんな感じですべりにくくなっています。

3年使ってもまだまだ使える!

f:id:karasumi-san:20201112153023j:plain

試しに水をかけてみました。

ちょっと吸水力が落ちて水たまりみたいになる箇所もありますが、
紙やすりで削るとまた復活するのでまだまだ使えます!

 

からすみ
削り続けると薄くなってしまうので、いつかは買い替えしないとですが

 

f:id:karasumi-san:20201112153509j:plain
少し放置すればすぐに吸水して乾きます。まだまだ現役!

 

実際に使ってみて感じたメリット

実際に使ってみて感じたメリットは以下の通り。

◆毎回洗濯する必要がない!

◆床に色移りする心配がない!

◆吸水力がよく、乗ったそばから足の裏がサラサラで快適!

◆すぐ乾くので菌が繁殖しにくく衛生的!

◆家族がお風呂に入った後でもバスマットが乾いているので不快感がない!

◆軽くて丈夫なので扱いやすく使っていてストレスが少ない!

 

特に、頻繁に洗濯しなくていいこと、衛生的に使えるところが気に入っています。

たまにメンテナンスが必要ですが、普段使う分にはほぼ何もしなくていいのでラク!

布製バスマットを使っていた時に感じていた、
洗濯をちゃんとしていても、生乾きの臭いが心配なことや
誰かが使ったあとは濡れててちょっと不快という点から解放されて快適です。

 

デメリットは?

■定期的なメンテナンスが必要

ずっと使っていると、汚れで目詰まりしてしまい吸水力が落ちるので
紙やすりで表面を削らないといけません。

結構重労働なのでちょっと面倒です。

とはいえ、紙やすりをかけるだけで新品のように吸水力が復活するので
長く使うことが出来ます。

 

■平らなところで使わないと割れたり欠けたりする

段差のあるところで使用すると割れてしまうこともあります。

またどこかにぶつけたりすると欠けてしまったり、扱いに注意が必要です。

うちでは3年以上、平坦なところで使っていてヒビが入ったり欠けもないので、
普通に使う分にはそこまで気にしなくていいかもしれません。

 

■布製のバスマットより値段が高くつく

安い珪藻土バスマットも多いですが、それでも布製のバスマットより値段が高いです。

私が購入したものは9000円くらいしたので、
買う前は大丈夫かなと心配だったんですが、3年以上使えているので
十分元は取れたかなと思っています。

 

■冬場はちょっとひんやりする

冬場はちょっとひんやりするので、お風呂上りに冷たく感じることもあります。

冷たいのが嫌で、冬場は布製バスマットを使っているという人も知り合いにいました。

「wave」は足の接地面が少ないせいか、冷たく感じないのでおすすめです!

 

お手入れ方法は?

f:id:karasumi-san:20201112152530j:plain

珪藻土バスマットの吸水力が落ちてきたら、紙やすりで表面を削ってメンテナンスします。

それだけで吸水力が復活します!

うちではニトリでたまたま売っていた紙やすりを買って使っていますが
ホームセンターにあるような300~400番の目が細かい紙やすりで大丈夫です。

タオルやブラシで削った粉を取り除いて、手に粉が付かなくなったらOK!

注意点として、粉がたくさん出るので、吸い込まないよう
しっかりマスクをして ベランダなどで新聞紙を敷いてヤスリがけするのがいいと思います!

収納スタンドが便利!

f:id:karasumi-san:20201112154326j:plain

使った後、陰干しする必要があるのですが、
ただ立てかけておくだけだと うっかり割ってしまいそうだったので
珪藻土マットスタンドを買いました。

体重計も一緒に収納できて便利です!

スタンドだけでもいろんなデザインが出ているので、
インテリアに合わせて買うと一層おしゃれに収納できていいですね

まとめ

かれこれ3年以上、毎日使っていますが
今のところカビが生えたり、欠けたり、ヒビが入ったりすることもなく
快適に使えているので 全く不満はありません。

たまーに紙やすりをかけないといけないのがちょっとだけ面倒ですが。
(うちはいつも夫がやってくれているので感謝感謝)

いつかは買い替えるときが来るとは思いますが、これだけ長く使っているので
今後もできるだけ長く使えるように大事にしたいと思います!
(だめになっても同じやつまた買いそう)

気になるけど使ったことがないよ!という方の参考になったらうれしいです。

長々と書きましたが、最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!